本文へスキップ

看護師・保健師・助産師になりたい高校生のための看護大学・偏差値ランキング。資料請求

看護師の仕事内容


仕事内容

看護師の仕事内容

看護師の仕事は、病院や診療所で、医師の指示に従って、診察や治療のアシスタントを行い、患者さんの症状を正確に把握し、適切な看護をします。

最近では、医療の専門分化に伴い、職務も専門化してきています。看護は技術に加えてメンタルな部分も多く求められています。患者さんのケアをする体力と明るさが必要なお仕事です。


看護師のやりがい

人の命を預かる仕事だけに大変なこと、つらいことも多いのが看護師です。しかし、だからこそ、苦労して介助・ケアをした結果として、患者さんがだんだんと健康を取り戻していくのを目の当たりにしたり、患者さんから感謝の言葉をもらったりしたときには大きなよろこびが得られます。

「人の役に立ちたい」「困っている人を助けたい」という気持ちが強い人にとっては、やりがいを感じる機会が多い仕事ですよ。



看護師の就職先

看護師の就職先は病院・クリニック

主な就職先は病院やクリニックです。

入院施設のある病院では24時間体制の看護が必要になるので、昼勤以外に夜勤もあり、シフト制で働くのが一般的です。入院施設のないクリニックなどでは、深夜勤務がなく、労働時間は規則的です。

このほか、介護施設や訪問介護サービス会社など、福祉関連の施設・企業に就職するケースも最近では増えています。

さらに、保育所やスポーツ施設で活躍する看護師、一般企業の健康管理室などで働く看護師もいます。

・老人福祉施設  ・リハビリセンター  ・保健所  ・保育園  ・福祉関連相談所 ・病院  ・障害児関連施設  ・児童福祉施設


看護師に必要なこと

看護師の国家資格は必須です。

加えて、医療のスペシャリストとして、医学に関する専門的な知識や、注射などの技術も重要です。

病気やけがで不安になっている患者さんを精神的に支えるため、相手を思いやる心やコミュニケーション能力も不可欠です。

また、患者さんの病状が悪化したり、亡くなったりする場面も数多く経験することになるので、精神的に強いことも求められています。

また、患者さんの介助や世話をするために一定以上の体力があることも必要です。


看護師の年収

平均給与 32万6900円/月
※年間賞与その他特別給与額78万6900円 

*厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」より


看護師の将来性

病気の子どもに薬を与える看護師

高齢化が今後さらに進んでいくため、病院、高齢者介護施設、訪問介護サービスなどの分野で看護師のニーズは今後ますます伸びていくと予想されます。

看護師志望者も増えているが、仕事がハードで辞める人が少なくないこと、女性が多く、出産・育児で現場を離れるケースが多いことなどもあって、現状でも慢性的な人材不足です。

今後数年で就職状況が厳しくなることは考えにくいと思われます。


大学病院の外科病棟で働く看護師インタビュー

現在勤務するのは大学病院の外科病棟。動脈硬化症などの循環器系の病気では人工血管をつなげるような大掛かりな手術を受ける方や、入院して抗がん剤の投与を受ける方など、さまざまな患者さんがいます。

外科の特長は、スパッと完治されて退院される患者さんもいれば、何度となく入退院を繰り返す方もいるということ。そういう患者さんと常に関わっていますから、「治った!」っていう喜びを共にすることもあれば、なかなか縁の切れない病気に悔しい思いをすることもあります。

でも、そんな風に患者さんと喜怒哀楽を分かち合えるこの仕事が好きで、きっと私に向いた仕事なんだな、と思っています。
・・・つづき↓
スタディサプリ 北里大学 卒業後のキャリアより


看護師の仕事で大変なところ

補聴器で子どもの心音を聞くナース看護師の仕事で大変なところは、医療行為なため常に新しい医療情報を勉強し、多くの知識や経験を積まなければなりません。

仕事そのものも2交代勤務が多く、特に夜勤になると16時間勤務になるので、体力面でも相当きつくなります。

外来以外の入院病棟では、患者さんからのナースコールも頻繁にあり、病院によってはゆっくりと休憩する時間もありません。

普通のOLと違って給料面では高い設定ですが、知力体力が揃っていないと長くは続きません。

但し、看護師は全国的にも不足しているので、資格取得のための助成金やキャリアパスのシステムはしっかりしています。

中にはマンションなどに住める福利厚生が充実している病院もあります。

看護師は大変な仕事ですが、考え方によっては給料面での待遇も良いし多く稼ぎたい方には良いです。