本文へスキップ

看護師・助産師・保健師になりたい高校生のための看護大学・偏差値ランキング。資料請求

大学看護学部の偏差値


看護師資格を取得できる偏差値.com

当サイトは『看護師になりたい』高校生のために作りました。

・看護師の仕事は?
資格のとり方は?
・おすすめ大学はどこ?

看護師に関する疑問の解決・学校探しのお手伝いができれば幸いです。


偏差値ランキングTOP3

慶應義塾大学
看護医療学部 
看護学科

看護師、保健師、助産師の資格が取れます。
上智大学
総合人間科学部 
看護学科

リーダーシップを発揮できる人材の育成。
北里大学
看護学部 
看護学科

看護師試験の高い合格率!!


私立看護大学偏差値ランキング

 国公立看護大学偏差値ランキング



人気コンテンツ

看護大学学費の安い大学

看護師試験合格率が高い大学

 

資格

助産師  保健師  養護教諭


学校の選び方

看護師になるには専門学校や看護科学部のある大学を卒業することが必要です。

学校にも大規模なものから専門学校のように規模の小さい物まであります。

まずは学校選びには入学試験が必要ですので、現在の学力に見合った学校を選びましょう。

その上で、できれば付属の病院などがあると良いです。

看護学校には必ず実習がありますので、大きな総合病院などに付属した学校であれば実習はほとんどの場合、その病院で行われます。

先生同士も同じ職場でで働いたことのある関係であったりと充実した実習を受けられる可能性が高くなります。

机で勉強するよりも実習で学んだことは非常にスムーズに理解しやすく、実習が充実するとその後の学習や国家試験対策も進めやすくなります。

さらに、友人や知り合いが多くなり、教えてくれる講師も幅広く、看護師の先生だけでなく医師などから教えてもらえることもあります。

さらに卒業後の進路もそのような人たちの人脈を利用できるため、メリットは非常に大きいです。


男性看護師のメリット・デメリット

医療職は昔と比較すると、女性ばかりではなく男性看護師多くなりました。

男性看護師のメリットは、女生と比較すると体力があるため、不規則勤務特に夜勤等は重宝されます。

また、力もあるため体格の良い患者さんの介助をする場合、精神疾患等で暴れだす患者さんを上手に静止する事もできます。

逆にデメリットは、女性の患者さんはプライバシーや羞恥心があるので男性看護師を嫌がる場合があります。

また、女性と比較すると体格も大きくなるので、小柄な女性から見ると威圧的に感じることがあります。

その他にも女性が多い職場なので、周囲の方とうまくコミュニケーション等が取れずに悩んでしまい退職する場合もあります。

さらに女性師長が上司となる場合もあるので、プライドが高い方などは苦労します。これは女性看護師も苦労することです。